出産の内祝いのタイミング

出産の内祝い、いつまでに贈るべき?

待望の赤ちゃんが誕生した時は安堵ともに、怒涛の日々が始まります。毎日赤ちゃんのお世話に忙しく過ごす事になりますが、忘れてはいけないのが内祝いのタイミングです。おめでたい事なので、基本的なマナーを守ってお返ししたいものです。そもそも出産祝いは生後7日目のお七夜から生後30日前後のお宮参りの時期に贈られるので、通常はお宮参りが終わってから1ヶ月後、遅くとも2ヶ月後までにお返しするのが一般的です。もし出産祝いを赤ちゃんの誕生後すぐに貰っている場合でも、他の方と一緒のタイミングで内祝いを贈りたいなら、生後2ヶ月内であればマナー違反になる事はありません。またネット通販を利用する際は、内祝いを送る前に電話や手紙でお礼の気持ちを伝えておくと、少々遅れ気味になっても相手に不快な思いをさせません。

こんな場合はどうすべき?

内祝いは出産後2ヶ月以内に贈るのが理想ですが、全ての人が順調に段取り出来る訳ではありません。中には自身の体調が悪かったり、子供が入院して普通の日常になかなか戻れないケースもあるのです。一番大事なのは母親と赤ちゃんの健康なので、必ずしも2ヶ月以内に贈らなければいけないという訳では無いのです。ただ相手側が心配する可能性もあるので、内祝いが遅くなる理由を説明し、お祝いをして貰った感謝の気持ちは伝えておきたいものです。また場合によっては出産祝いを後から渡される事もあります。時期はズレていてもお祝いをして貰っている事には変わりないので、なるべく1ヶ月以内に、遅くとも2ヶ月以内に内祝いとしてお返しするのがマナーとなっています。

© Copyright Internal Celebration. All Rights Reserved.