内祝いを辞退された時の対応

内祝いを辞退されたら本当にお返ししなくていい?

現在の出産内祝いは、出産祝いをくれた方にお返しの意味合いを込めて贈るものです。しかし、中には内祝いを辞退する方もいます。このような場合、本当に内祝いを贈らなくてよいのか、対応に悩むことでしょう。相手方はお祝いをあげたことで気を遣わせたくなく、本当にお返しは不要と言ってくれているのかもしれません。また、あるいは話の流れで社交辞令としてお返しは不要と言っただけである可能性もあります。話しぶりだけでは本当はどのような対応を望まれているのか、判断することは難しいですよね。

内祝いは贈るタイミングもある程度決まっているので、長く悩んでいる時間もありません。そこで対応のヒントになるのが、誰からお祝いをもらったのかということです。

相手との関係性によって対応を考えよう

内祝いを辞退された場合は、相手との関係性によって対応を考えてみましょう。例えば親や兄弟、親戚など親族から内祝いを辞退された場合は、言葉通りに甘えるという対応でも良いでしょう。特に近しい間柄であるほど、お返しに手間や時間をかけさせたくないと思っている可能性があります。ただし、もらったお祝いが高額で、お返しをしないのが申し訳ないと感じられるときは、内祝いという形式にこだわらず、季節の贈り物として良い品物を贈ったり、帰省の際に良いお土産を持って行くなど、ほかの部分で感謝の気持ちを込めるのもおすすめです。

会社の同僚や上司、取引先など、仕事関係で出産祝いをもらった場合は、相手方が内祝いを辞退した場合でもお返しを贈った方がよいでしょう。また、友人から内祝いを辞退された場合は、お返しを贈っても贈らなくても、どちらでもマナー的には問題ありません。間柄によって対応を考えてみましょう。

© Copyright Internal Celebration. All Rights Reserved.