結婚の内祝いをお返しする時期とは

結婚式から1カ月以内が目安

結婚のお祝いを直接いただいた場合には、その場でお礼を言いますので内祝いをお送りするまでお祝いのお礼の関しては特に何も言う必要はありません。もし、送っていただいた場合には、必ず、すみやかにお礼を言います。正式には郵便でお礼状を出します。しかし、結婚のお祝いは現金や高価な品が多いものです。到着したらすぐに到着したことをメールや電話でご連絡しましょう。荷物が到着したというご報告をしたうえでさらに郵便でお礼状を出します。

結婚のお祝いをいただいて結婚式や披露宴に参列していただいた方には引き出物が内祝いになります。結婚式に参列されない方には結婚式が終わってから1カ月以内が内祝いを贈る目安になります。結婚式よりも早くお祝いをいただいた場合も通常は結婚式をめどにしますが、余りにも期間が長い場合には、いただいた日から1カ月以内に内祝いを贈っても構いません。

結婚式をしない場合には入籍から1カ月以内が目安

結婚式を挙げない場合には入籍日から1カ月以内を目安にします。結婚式をしない場合には引き出物がないので、お祝いをいただいた方全員に内祝いを贈ることになります。ただし、入籍は本人たちの都合によって日程が大きく変わります。結婚を発表した日から入籍まであまり期間が開かない場合には入籍日から1カ月以内を目安にしますが、記念日などに入籍したい場合には結婚発表から入籍日まで期間が開いてしまうこともあります。その場合には、お祝いをいただいた日から1カ月以内を目安にしましょう。お祝いを渡した人からしてみれば、内祝いがあまり遅くなるのも違和感があるものです。結婚式は公に皆の前で行うセレモニーですが、入籍は場合によってはとてもプライベートなものになることもあります。入籍だけの場合にはこういった心遣いが必要になります。

© Copyright Internal Celebration. All Rights Reserved.