気持ちのこもったお礼状を添えて

内祝いにより感謝の気持ちを込めたい場合はお礼状を添えよう

赤ちゃんの誕生を祝い出産を終えたことを労う出産祝い、いただいたらとてもありがたく感じるものです。お祝いしてくれた方により感謝の気持ちの込めて内祝いを贈りたいというときには、お礼状を添えるのはいかがでしょうか。お礼状を一緒に贈れば、お祝いに対する感謝の気持ちを改めて言葉で伝えることもできます。出産後は赤ちゃんのお世話で慌ただしく、直接感謝を伝えられないということも想定されるため、お礼状があると気持ち的にも安心です。また、内祝いの品物には、赤ちゃんの名前入りののしがかけられますが、お礼状を添えればさらに詳しい赤ちゃんのプロフィールを伝えることもできます。ただし、お返しをする相手によってマナーに気を付ける必要があるため、相手に失礼のない内容・形式であるか確認は必須です。

どのような形状のお礼状を添える?

お礼状は白いシンプルな便箋に、黒系のペンで書くのが基本的なスタイルです。時候の挨拶などを入れつつ、相手方への感謝の気持ちを記します。上司や取引先など、仕事関係者には形式を意識した文面がおすすめです。親族や友人などにあてる場合は、やややわらかな表現でも良いでしょう。

なお、親族や友人などへのお礼状は、カードタイプのものもおすすめです。内祝いをインターネットで購入すると、販売元によってはお礼状を添えるサービスを行っているところもあります。自由に文面が決められるほか、文例が用意されている場合もあり非常に便利です。カードのデザインも多様で楽しく選ぶことができます。また、赤ちゃんの写真を載せることができる場合もあります。写真入りのお礼状は飾っておけるので、家族にお返しをする場合にも喜ばれそうですね。

© Copyright Internal Celebration. All Rights Reserved.