半返しが一般常識

基本は頂いたものの半額ですが、金額によって例外も

結婚や出産でお祝いを頂いた場合に、相手に「お返し」の意味で贈る内祝い。お返しで贈るものは、半返し=半額が一般的なマナーと言われています。しかし、実際は三割程度の金額~半額で贈られることが多いようです。たとえば1万円のお祝いを頂いたとしたらだいたい3千円~5千円が目安ということです。ただし例外もあります。一つ目は頂いたものが、簡単なお菓子の詰め合わせなど比較的安価なものだった場合。この場合は半返しにこだわると、贈り物としてふさわしいものがない!という事態にもなりかねません。その場合は金額にこだわるのではなく、その方が使いそうなもので、重くないお返し、例えばハンカチや入浴剤セット、同じようなお菓子などが良いかもしれません。また逆に頂いたものが高額だった場合、半返しは失礼にあたるという考え方があります。目上の方に高額なものを頂いた場合は、三割程度にとどめるのが無難です。

お返しがいらない場合も

頂いたものにお返しをするのは一般的なマナーですが、お返しがいらない場合もあります。たとえば結婚のお祝いを頂いたものの、その方を結婚披露宴にお呼びして引き出物をお渡しする場合などです。この場合は内祝いは不要です。ただし、改めて同じ方から御祝儀を頂いた場合はそのお返しが引出物にあたりますので、注意が必要です。また、会社の福利厚生の一環などで結婚祝いを頂いた場合は会社の担当者にお返しは不要です。さらに上で述べたように、頂いたものの金額が少額だった場合は、無理になにか物を贈るのではなく、新居にご招待をしたり、赤ちゃんのお披露目パーティーを企画したりと、イベントでお返しをしても良いのではないでしょうか。

© Copyright Internal Celebration. All Rights Reserved.